MBAはどんな人が学びに行くの?

MBAはどのような人が取得するために学ぶのか?MBAを取得するメリットとは!? - 一流のコンサルタント会社がMBAを必要とする理由

一流のコンサルタント会社がMBAを必要とする理由

マッキンゼーやボスコンという会社名を一度は見かけたことがある方は多いのではないでしょうか。
どちらも外資系のコンサルタント会社で、世界中の会社に対して一流のサービスを提供していることから私たちの目にも飛び込んでくるようになったのです。

彼がやっている仕事

そもそもコンサルタント会社というのはどのようなサービスを提供しているのでしょう。
コンサルタント会社にはこれといった商品があるわけではありません。
例えるならお医者さんと同じで、企業の経営者が「私たちの会社はどうすればよいのでしょうか」ということをコンサルタント会社に相談します。
すると「あなた方はこうすべきです」という助言を行うのがコンサルタント会社のサービスになるのです。

豊富な知識の源泉は?

経営者の期待に応えられる助言をするためには、豊富な知識を持っている必要があります。
しかし彼らは一体どうやってそうした知識を身につけているのでしょう。
実務の中で身につけるというのもありますが、下地として大学院でMBAを取得しているというのもあります。

私たちの知らない理論をたくさん吸収している

MBAでは、経営学にまつわる様々な理論を学ぶことが出来るカリキュラムが設定されています。
座学ではあるものの、様々な人と議論を繰り広げながら経営学についての理論を体を持って学ぶのです。
つまり、彼らは私たちの知らない理論を体で習得しているため助言をするときにもすっと自分の口から言葉が飛び出してくるのです。

世界に通用するサービスを提供するために

コンサルタント会社はこうしたMBAの有資格者を採用したり、働いている人をMBAの取得プログラムに参加させたりします。
こうすることで、世界に通用するサービスを提供できるのです。