MBAはどんな人が学びに行くの?

MBAはどのような人が取得するために学ぶのか?MBAを取得するメリットとは!? - 取り立てて目的はないけれど日本のMBAを取得した

取り立てて目的はないけれど日本のMBAを取得した

就職活動はもう飽きた、なにかもっと自分の知識を高めるようなことをしてみたい。
昔はこんな人たちのことを「高等遊民」とでも呼んだのでしょうか。
今でこそあまりそういう言葉を使わなくなりましたが、彼らはMBAを取得しに大学院に入り直すという選択肢をとることがあります。

日本の大学院でもMBAは取得できる

実は、MBAは日本の大学院でも取得できる学位です。
といいますのも「MBA」は「経営学修士」という意味ですから、経営学を教える大学院であれば取得できるのです。

大学時代何もしていなくても

もっとも、日本の大学院のMBAで評価が高い大学と言いますと数は限られてきます。
しかし「私は大学時代何もしていなかったからな」と思っても、院試を受けてみたら「受かってしまった」という方もいらっしゃるくらいですから人生何が起こるか分かりません。

経営学をよく知っている人は日本の中でも少ない

では、日本の大学院でMBAを学ぶ彼らは一体何が目的なのでしょう。
ひとえに自分の知識を高めて、よりよいところに就職しようと考えているというよりも「とりあえず勉強してみるか」という半ば軽い気持ちの方もいらっしゃるのです。
しかし日本にはたくさんの会社があるにもかかわらず経営学をよく知っている人は、ほとんどいません。
偉大な経営者の経営哲学を学んでも、結局経営学の基礎を知らないために会社経営がとんちんかんになるのです。

自分の付加価値を自分で高める

そうした昨今、彼らが「とりあえず勉強してみるか」という気持ちで勉強しているのもそれほど悪いことではありません。
具体的な目的があるわけではないけれど、学んでいることが実はとても価値のあることに就職してから気付くのです。